木村 和弘

木村 和弘
木村 和弘

大学院獣医学研究科・比較形態機能学講座・生化学教室

職名 教授
学位 獣医学博士
専門 獣医生化学

現在の教育研究内容

動物の栄養状態が自律神経系や内分泌系を介して臓器や免疫細胞の機能に及ぼす影響について研究を行っている。実施中の主要テーマは乳腺の発達に及ぼす間質脂肪細胞の役割とプロインスリンC-peptideの糖尿病合併症治療への適応である。前者では脂肪細胞の肥大化(肥満)が乳腺の発達を遅延・阻害させることを明らかにし、その阻害に脂肪細胞由来分泌因子レプチンの関与を示唆した。後者では未同定であったC-peptide受容タンパク質候補を見いだし、詳細に検討中である。

本プログラムにおける役割

  1. 大学院教務関連事項の総括
  2. ケミカルハザード対策専門家養成コースの推進

主な発表論文 ※主要5点を抜粋

  1. Okamatsu-Ogura, Y., Nio-Kobayashi, J., Iwanaga, T., Terao, A., Kimura, K. and Saito M. 2011. Possible involvement of uncoupling protein 1 in appetite control by leptin. Exp. Biol. Med. doi:10.1258/ebm.2011.011143
  2. Abd Eldaim, M.A., Kamikawa, A., Soliman, M.M., Ahmed, M.M., Okamatsu-Ogura, Y., Terao, A., Miyamoto, T. and Kimura, K. 2010. Retinol binding protein 4 in dairy cows: its presence in colostrum and alteration in plasma during fasting, inflammation, and the peripartum period. J. Dairy Res. 77: 27-32.
  3. Nordquist, L., Shimada, K., Ishii, T., Furuya, D.T., Kamikawa, A. and Kimura, K. 2010. Proinsulin C-peptide prevents Type-1 diabetes-induced decrease of renal Na+-K+-ATPase α1-subunit in rats. Diab. Metab. Res. Rev. 26: 193-199.
  4. Kamikawa, A., Ichii, O., Yamaji, D., Imao, T., Suzuki, C., Okamatsu-Ogura, Y., Terao, A., Kon, Y. and Kimura, K. 2009. Diet-induced obesity disrupts ductal development in the mammary glands of nonpregnant mice. Dev. Dyn. 238: 1092-1099.
  5. Kamikawa, A., Ishii, T., Shimada, K., Makondo, K., Inanami, O., Sakane, N., Yoshida, T., Saito, M. and Kimura, K. 2008. Proinsulin C-peptide abrogates Type-1 diabetes-induced increase of renal endothelial nitric oxide synthase in rats. Diab. Metab. Res. Rev. 24: 331-338.
ページトップへ