今内 覚

今内 覚
今内 覚

大学院獣医学研究科・動物疾病制御学講座・感染症学教室

職名 准教授
学位 獣医学博士
専門 感染免疫学

現在の教育研究内容

家畜におけるウイルス、原虫、リケッチアなどの感染症の病態発症機序の解明ならびに節足動物媒介性病原体の伝播機構について研究を行っている。主にウシ等の家畜の難治性疾病に対する新規制御法・新規ワクチンの開発を目指し、病原体の免疫回避機構の解明に取り組んでいる。また、アフリカ、アジアおよび南米の研究機関と共同研究・調査を実施し、タイレリアやトリパノソーマ原虫等の海外悪性伝染病の制御を目標に、病態発症機構の解明や予防・診断法の開発および病原体を伝播するダニに対するワクチン開発に関する研究に従事している。

本プログラムにおける役割

  1. リーディングプログラム学生支援
  2. 海外疫学活動
  3. 海外共同研究の推進
  4. 広報活動

主な発表論文 ※主要5点を抜粋

  1. Ikebuchi, R., Konnai, S., Shirai, T., Sunden, Y., Murata, S., Onuma, M., Ohashi, K. 2011. Increase of cells expressing PD-L1 in bovine leukemia virus infection and enhancement of anti-viral immune responses in vitro via PD-L1 blockade. Vet. Res. 42:103.
  2. Mingala, C.N., Konnai, S., Ikebuchi, R., Onuma, M., Ohashi, K. 2011. Characterization of CTLA-4, PD-1 and PDL-1 of swamp and riverine type water buffaloes. Comp. Immunol. Microbiol. Infect. Dis., 34: 55-63.
  3. Mekata, H., Konnai, S., Mingala, C.N., Abes, N.S., Gutierrez, A., Dargantes, A.P., Witola, W.H., Inoue, N., Onuma, M., Murata, S., Ohash, K. 2012. Kinetics of regulatory dendritic cells in inflammatory responses during Trypanosoma evansi infection. Parasite Immunol., (in press).
  4. Konnai, S., Nishikado, H., Yamada, S., Imamura, S., Ito, T., Onuma, M., Murata, S., Ohashi, K. 2011. Molecular identification and expression analysis of lipocalins from blood feeding taiga tick, Ixodes persulcatus Schulze. Exp. Parasitol. 27:467-474.
  5. Konnai, S., Yamada, S., Imamura, S., Nishikado, H., Githaka, N.W., Ito, T., Takano, A., Kawabata, H., Murata, S., Ohashi, K. 2012. Identification of TROSPA homologue in Ixodes persulcatus, Schulze, the specific vector for human Lyme borreliosis in Japan. Ticks Tick borne dis., (in press)
ページトップへ