鈴木 定彦

鈴木 定彦
鈴木 定彦

大学院獣医学研究科・人獣共通感染症制御学講座・国際疫学部門
人獣共通感染症リサーチセンター・国際疫学部門

職名 教授
学位 医学博士
専門 細菌学

現在の教育研究内容

細菌感染症診断法および細菌遺伝子型別法を開発するとともに、これらを応用して伝播経路解明のための疫学的調査を実施している。また、迅速薬剤感受性試験法開発と新規薬剤開発のための基礎データ取得を目指して細菌の薬剤耐性獲得機構を解析している。本プログラムでは、これらの研究および教育を通じて、アウトブレイクに迅速に対応できる広い知識と的確な判断力を備えた人獣共通感染症対策専門家の育成に資する。

本プログラムにおける役割

  1. 人獣共通感染症対策専門家育成コースの推進
  2. 海外疫学活動/海外共同研究の支援
  3. 運営委員会委員
  4. キャリアパス支援担当
  5. 広報担当

主な発表論文 ※主要5点を抜粋

  1. Suzuki Y, Nakajima C, Tamaru A, Kim H, Matsuba T, Saito H. (2012) Sensitivities of ciprofloxacin-resistant Mycobacterium tuberculosis clinical isolates to fluoroquinolones: Role of mutant DNA gyrase subunits in drug resistance. Int. J. Antimicrob. Agents in press
  2. Yokoyama K, Kim H, Mukai T, Matsuoka M, Nakajima C, Suzuki Y. (2012) Amino acid substitutions at position 95 in GyrA can add fluoroquinolone resistance to Mycobacterium leprae. Antimicrob. Agents Chemother. 56(2):697-702.
  3. Kim H, Nakajima C, Yokoyama K, Rahim Z, Kim Y-U, Oguri H, Suzuki Y. (2011) Impact of the E540V amino acid substitution in GyrB of Mycobacterium tuberculosison Quinolone Resistance. Antimicrob. Agents Chemother. 55:3661-3667
  4. Hang'ombe M B, Nakajima C, Ishii A, Fukushima Y, Munyeme M, Matandiko W, Mweene A S, Suzuki Y. (2011) Rapid detection of Mycobacterium tuberculosis complex in Cattle and Lechwe (Kobus leche kafuensis) at the slaughter house. Vet. Sci. Dev. 1:e5
  5. Identification of Mycobacterium tuberculosis Clinical Isolates in Bangladesh by a Species Distinguishable Multiplex PCR. BMC Infect. Dis. 10:118.
ページトップへ